Replay Burners

1993-1997

LIST 1993-1997 1998-

戦国エース

発売年:1993.04
開発元:彩京 発売元:バンプレスト
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68EC020, Z80] 音源チップ[YM2610]
戦国の世を舞台とした縦スクロールシューティングゲーム。彩京が放つ記念すべき第1弾の作品である。仏僧の「天外和上」、巫女の「こより」、天才犬の「犬王丸」などの個性豊かな6人のキャラクターからプレイヤーを選び、タイトル通りの時代がかったキャラクターと背景を舞台に激しい戦闘を繰り広げる。もちろんキャラクターごとに攻撃力や移動速度は異なる。操作は8方向レバーで移動、ショットとボムに2つのボタンを使用する。キャラクターデザインは鮮やかな色調とコメディタッチが特徴の中村博文 氏。2人同時プレイ時にはキャラの組み合わせによりデモ内容が変化し、これが笑える内容で話題を集めた。一方でゲームの方は全体的に難易度が高い辛口の内容である。全8ステージで21通りのマルチエンディングが用意されている。

ストーリー:
はるか昔、東のはての物語。そこでは華やかな町民文化と高度な技術力、そして古の呪術が同時に矛盾なく存在し、永く太平の世を保っていた。しかし、あるとき邪教集団「神羅教」が邪神の復活を以て世の転覆を目論み、その生け贄として将軍家の娘、月姫を誘拐した! それぞれの思いを秘め、集結する6人のエースたち。今ここに、驚異の空中戦が始まる!
[出典:戦国エース 公式HP(彩京)]
ゲーム Sengoku Ace (Japan)
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 2P協力2周ALL
プレイヤー 忠太郎
もんちゃん
コメント 1P:忠太郎(ジェーン)+2P:もんちゃん(アイン)
ラストで狸が出た事で残機が残せませんでした(゜∀゜;
日付 20091120
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画
ゲーム Sengoku Ace (Japan)
収録バージョン MAME32Plus!0.117
内容 1,549,700pts
プレイヤー TKG本部
コメント 2周ALLノーミス こより使用 連付
日付 20091227
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

魔法大作戦

発売年:1993.05
開発元:エイティング / ライジング 発売元:エイブルコーポレーション
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68000, Z80] 音源チップ[YM2151, OKI6295]
ライジングの記念すべき第1弾の作品で、RPGなどで馴染み深いファンタジー世界を舞台に、スチームパンクっぽいメカやモンスターと戦う縦スクロールシューティングゲーム。プレイヤーは4人から選択可能で、それぞれのキャラにフロント、ワイド、ホーミングの3種類の武器がある。ショットとボンバーを駆使して進むオーソドックスな内容だが、しっかりとした作りとなっている。全7ステージ。余談だが当初は東亜プランからリリースされる予定であった。

ストーリー:
それがいつ始まったかは判らない。ゴブリン達の行動は次第に大規模になり、とうとう一つの王国を築くまでになった。事態を重く見た国王コードウェナーは、次々に手持ちの騎士団を送り込んだものの全く歯が立たなかった。ただ、ゴブリガン王と呼ばれる一つのカリスマが帝国を形成し、しかもその王は人間だと言うこと、そして既に大規模な魔導兵器の開発さえも行っているらしい、ということのみが判明した。コードウェナー王は驚愕した。魔力を動力とする魔導兵器自体は以前から存在していたが、量産などは出来ず、動かすことが出来るものも限られていたのである。一体なぜ、ゴブリン達が…? このままでは王国の滅亡は目に見えている。しかし、王国騎士団では歯が立たない。苦悩の末、国王はゴブリガン大王の首に多額の賞金をかけたのである。そう、王国を救ってくれる勇者を待って…。
[出典:魔法大作戦 業務用販促チラシ(ライジング・エイティング)]
ゲーム Mahou Daisakusen (Japan)
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 2P協力2-3まで
プレイヤー 忠太郎
もんちゃん
コメント 1P:忠太郎(ミヤモト)+2P:もんちゃん(ガイン)
見所はラスボスのガンメン戦を避けきった所です。
日付 20091120
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

疾風魔法大作戦 -KINGDOM GRANDPRIX-

発売年:1994.09
開発元:ライジング 発売元:エイティング
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68000, Z80] 音源チップ[YM2151, OKI6295]
「魔法大作戦」の続編。選択可能なキャラクターは前作の倍の8人。身長4メートルの巨大妖精や魔法を動力とした可変ロボットなど、癖のあるキャラクター達ばかりが勢揃い。今作はレースの要素を取り入れ、自分が操作するキャラクターを除いた7人をライバルとして戦っていく。画面の上半分に位置する事で自機がスピードアップするが、画面の下に移動するとスピードダウンしてしまう。また、ショットボタンを押しっぱなしにする事によりハイパーブーストの使用が可能。最下位になってもゲームオーバーにはならないが、それなりのエンディングしか見ることが出来ない。2周目に進むためには1周目のドライバーズポイントで総合優勝しなければ駄目という条件がある。レースで勝つためにはスタートダッシュでボンバーを使ってライバルを陥れるか、もしくはショットを撃たずに安全な場所でハイパーブーストでひたすら耐える必要があるという、シューティングゲームとしては破綻したゲーム性となってしまっている。

ストーリー:
悪夢は去った… 大陸全土を襲った「ゴブリガン大戦」は大王の死とともに終結した。しかし、残党群や野党の略奪は後を絶たず、民の生活にいまだ暗い影を落としていた…。そんな中、国王コードウェナーは民意高揚と称し、戦勝一周年記念の大イベントを行う触れをだした。「大陸横断大エアロレース」それはルール無用の大レース。武器の使用は無制限。速く、そして強い者のみが勝利の女神を抱くことが出来る。「商社には望みの物を与える」という王の言葉に、腕に覚えのある強者たちが我も我もと首都に集い、街はお祭り気分に浮かれていた。だが、その様子を伺う2つの勢力があるのに気がついた物はいなかった…。
[出典:疾風魔法大作戦 公式HP(ライジング・エイティング)]
ゲーム Shippu Mahou Daisakusen (Japan)
収録バージョン MAMEPlus!0.125
内容 ミヤモト使用 2周目ハヤテ丸クリア
プレイヤー A.K上越
コメント あのーハヤテさん、死合中かがむのやめて下さい・・・
日付 20110116
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画
ゲーム Shippu Mahou Daisakusen (Japan)
収録バージョン MAMEPlus!0.125
内容 ニルヴァーナ使用 2周ALL(バシネットR)
プレイヤー A.K上越
コメント 計算してgetの予定―('A`)―*
日付 20110116
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

ストライカーズ1945

発売年:1995.06
開発/発売元:彩京
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68EC020, Z80] 音源チップ[YMF278B]
第二次世界大戦を舞台にした超硬派シューティングゲーム。P-38ライトニング、スピットファイア、零式艦上戦闘機など、実在する往年の名戦闘機6機から自機を選択することができる。パワーアップは最大4段階で、1段階ごとに護衛機が1機装備され、ショットボタンによる溜め撃ちで自機によって異なる多彩なフォーメーション攻撃が可能となる。敵兵器には実戦配備されなかった超兵器群が多数登場するのも特徴的である。全8面の2周エンド。余談だがこのシリーズのイメージイラストを描くのは、プラモデルのパッケージやアニメなど、数々のミリタリーイラストを描く高荷義之 氏である。

ストーリー:
1945年夏、第二次世界大戦終結。世界は一応の平和を取り戻したかに見えた。しかし、かねてより各国の軍上層部との癒着が噂された謎の国際組織”CANY(キャニー)”が密かに軍部を掌握、実践配備に至らなかった新型兵器群をもって、全世界を内側より転覆させんと策謀していた。各国の不穏な動きをいち早く察知した連合軍司令部は秘密裏に全世界より選りすぐりの名戦闘機とそのパイロットを召集、”CANY”に対抗すべく特殊部隊ストライカーズを結成する。今ここに歴史の陰に隠された最後の世界大戦の火蓋が切って落とされる。
[出典:ストライカーズ1945 公式HP(彩京)]
ゲーム Strikers 1945 (Japan)
収録バージョン MAME32Plus!0.99
内容 1,693,800pts
プレイヤー AAA
コメント ライトニング2周ALL
日付 20070303
リプレイ
動画
動画
ゲーム Strikers 1945 (Japan, unprotected)
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 2P協力2-3まで(1周ノーミス)
プレイヤー 忠太郎
もんちゃん
コメント 1P:忠太郎(メッサー)+2P:もんちゃん(ムスタング)
弾消しは偉大でした (゜∀゜)
日付 20100913
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

首領蜂

発売年:1995.11
開発元:ケイブ 発売元:アトラス
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68000] 音源チップ[OKI6295 (2)]
1994年に倒産した東亜プランの元開発者たちが制作した縦スクロールシューティング作品。さらに激しさを増す敵の攻撃と、それをかわす快感を上手に演出している。プレイヤーは3種類の機体から選択ができ、自機はショットとレーザーを使い分けることが可能。ショットボタンを押しっぱなしにするとレーザーが発射されるが、発射中は自機の移動スピードが少し遅くなる。また、自機が撃っている弾の種類によりボンバーの性質が変化したり、敵を連続で破壊して繋げていく連鎖ボーナス「GP(ゲッツポイント)」などの新システムを採用している。全5ステージ、2周エンド。

ストーリー:
「諸君、今回もよく集まってくれた…。」首領の第一声は必ずこれだ。「任務は言うまでもない。従来どおり徹底的にやってもらいたい。この任務のおかげで、我が軍隊は幾度となく実戦経験を積み、更なる軍備の強化がなされてきた。この強力な軍隊があるのも君たちのおかげなのだ。」異星人の名を借りた襲撃。そう、我々の任務とは、我が軍隊を襲撃するというものだ。確かに軍備はその都度強化され、優秀な兵隊たちが残るようになっていた。結果として軍隊そのものは、襲撃される度により強力な軍隊へと変化していったのである。しかし、この軍隊はいずれ我々の想像をはるかに越えるものになりはしないだろうか?「今回も我が軍隊の壊滅を願って…よろしく頼む。」この任務に終わりはあるのだろうか。終わりがあるとすれば、我々の死なのか…。「出撃!我が軍隊を壊滅せよ!我が軍隊のために!」「彼らの存在が驚異に変わる時、我が軍隊の真価が問われるのかもしれん…。」
[出典:SS版 首領蜂(ケイブ・アトラス)]
ゲーム DonPachi (Japan / fix)
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 Btype 2周ALL
プレイヤー 忠太郎
コメント 2-4が上手くいったのがクリアに繋がりました。
日付 20111030
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

怒首領蜂

発売年:1997.03
開発元:ケイブ 発売元:アトラス
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[68000] 音源チップ[YMZ280B]
名作「首領蜂」の続編として登場した、その名も「怒首領蜂」。基本的なシステムは前作から踏襲しているが、今作からショット強化型とレーザー強化型の選択が可能となり、また、ボンバー満タン時に更にボンバーを取った場合、スコアが上昇する「MAXIMUMボーナス」が追加された。全6面の2周エンドだが一定条件を満たさない限り2周目に突入出来ず、真のエンディングを見ることができない。開発者は当初、難易度を抑えた初心者向けのゲームを作ろうとしたそうだが、「バトルガレッガ」を目の当たりにし、考えを一転したらしい。速度の遅い無数の敵弾が花火のように画面を覆い尽くし、その中を当たり判定数ドットの自機がかいくぐるという「弾幕型シューティング」のコンセプトは、この「怒首領蜂」で完全に確立したと言える。ちなみに世界に1枚だけ、コンシューマー機版のスコアトライアル優勝商品「キャンペーン特別アレンジバージョン基板」、通称「青版の蜂」が存在する。

ストーリー:
昔、大きな戦いがあった。その戦いは反乱や侵略戦争などではなく、自分達の軍隊を、より強くするために行われた演習戦争という極めて異質なものであった。やがて、7年にもおよんだこの戦いにも終わりが訪れ、勝ち残る事のできた最強の兵士達を、人々は『首領蜂』(首領の命令に従うのみの働き蜂)と呼び、さげすんだ。・・・そして時がすべての罪と過去を洗い流してしまった頃・・・星団系外を周回していた我が第七星団艦隊が、突如連絡を絶った。その直後、機械化惑星人と名乗る未知の軍隊が我々に攻撃を仕掛けてきた。我が軍もこれを迎撃すべく大艦隊を派遣するが、ことごとくレーダーから消されていった。状況は日々悪化していき、誰もが絶望の顔色を隠せなくなった時、一つの作戦が持ち出された。その仕掛け人は、シュバルリッツ=ロンゲーナ大佐。我々が首領と呼ぶ切れ者司令官だ。「私の目に狂いはない。」この高慢な一言が首領おきまりの第一声だ。「今日集まってもらった君達は、私の作戦にもとづき、この新型超最強撲滅戦闘機(DO-N82)に乗って、敵、機械化惑星人を打ち砕いてもらう。」首領の命令は絶対だ。納得いく理由も説明されず、我々はたった二機の戦闘機のみで立ち向かう事になった。これが働き蜂の運命とするならば、あまりにも無慈悲であった。
[出典:SS版 怒首領蜂(ケイブ・アトラス)]
ゲーム DoDonPachi (Japan / fix)
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 C-L 2周ALL
プレイヤー 忠太郎
コメント クリアしただけ。スコアは見ないでください。
日付 20111030
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

ストライカーズ1945 II

発売年:1997.10
開発/発売元:彩京
ジャンル:シューティング
コントローラ:8方向レバー+2ボタン
システムボード:専用基板
CPU構成[SH-2] 音源チップ[YMF278B]
前作「ストライカーズ1945」をしのぐ美しいグラフィックとなって登場したシリーズ2作目。前作からP-38ライトニング以外の戦闘機が入れ替わり、新たに新機体を加えた、全6種類の戦闘機から選択できるようになっている。また特徴的な護衛機によるフォーメーション攻撃も健在で、今作からは戦闘機のショットもパワーアップさせることが可能となっている。新要素であるスーパーショット(溜め撃ち)は3段階のレベル設定となっており、パワーゲージを消費する代わりに強力なショットを撃つことができる。全8ステージ、2周エンド。

ストーリー:
1945年 混沌と動乱の中、世界はまだ本当の平和を手に入れていなかった。連合国特殊部隊ストライカーズに新たな指令が下された。
[出典:ストライカーズ1945Ⅱ 公式HP(彩京)]
ゲーム Strikers 1945 II
収録バージョン DDEmeMAME0.37b16.98.4
内容 2P協力2-3まで(1周ノーミス)
プレイヤー 忠太郎
もんちゃん
コメント 1P:忠太郎(パンケ)+2P:もんちゃん(ハヤテ)
パンケのLV3溜めが熱いです (゜∀゜)
日付 20100913
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

対戦ホットギミック

発売年:1997.10
開発/発売元:彩京
ジャンル:マージャン
コントローラ:マージャンパネル
システムボード:専用基板
CPU構成[SH-2] 音源チップ[YMF278B]
「ストライカーズ」シリーズを始めとするシューティングゲーム中心にリリースしてきた彩京の初となる麻雀ゲーム「対戦ホットギミック」。ゲームは「雀パワー」をためてお助けキャラクター「雀犬」の助けを借りながら、心の悩みを抱えた人々を麻雀で助けていくというもの。また通信対戦モードには1Pプレイモードの脱衣麻雀とは全く別内容の2人の格闘雀士の血と汗と涙の物語となっている。1Pプレイモードに登場キャラクターに人気イラストレーター司 淳 氏と有名声優陣を迎えたことや、服を脱がすのにボタン連打という懐かしい要素などで人気を呼び、脱衣麻雀ゲームとしては久々のヒット作となった。ちなみに1基板で2筐体による通信対戦が可能である。
ゲーム Taisen Hot Gimmick (Japan)
収録バージョン MAMEPlus!0.150
内容 ALL
プレイヤー TKG本部
コメント バレンタイン前にHボタンを必死で連打しいてる自分を褒めてあげたい
日付 20140205
リプレイ
リプレイファイル
動画
動画

inserted by FC2 system